任意売却(任売)に特化した不動産会社なら管財エステート。破産管財事件や民事再生手続、相続財産管理人等をされる弁護士の先生方のお手間を省きます。
文字サイズ
破産財団に属する不動産や、相続財産として先生が管理される不動産の売却(仲介)を数多く手掛けております。
破産管財人・相続財産管理人の先生へ
破産管財人・相続財産管理人の先生へ
任意売却に特化した不動産会社 | なら管財エステート » 破産管財人・相続財産管理人の先生へ

取扱い実績多数の当社にお任せ下さい!

なら管財エステートでは、破産管財人や相続財産管理人に選任された先生方のお手伝いに特化しております。

破産財団に属する不動産や、相続財産として先生が管理される不動産の売却(仲介)を数多く手掛けております。

 

任意売却物件の場合、破産財団(相続財産)へ十分な組入額の確保や、担保権者等への配分(抹消)交渉などを含め

先生方のお役に立てるよう、次のようなお手伝いをさせていただいております。

 

1.査定作業~販売準備

ご依頼くだされば、対象不動産について、実際に成約が見込める価格を査定書にて報告させていただきます。

 

※査定価格では明らかに元本割れとなる抵当権等が存在する場合、任意売却としての提案を担保権者に行います。

特に元本割れとなる担保権者は、少しでも高値での売却(高額な手取り額)を期待されますので、当社の査定価格を参考にしていただき、任意売却に応じて頂ける価格(販売価格)を協議いただきます。

同時に、後順位者や差押権者等に対しても、任意売却の意向を確認しておきます。

 

2.販売活動

当社の査定価格を参考にしていただき、先生のお許しがいただけ次第、販売活動をスタートしていきます。

(通常は査定価格の1~2割程度アップした価格から販売を開始して、様子をみていきます。)

 

※任意売却の場合、担保権者との協議が整い次第、販売活動を開始します。

 

具体的な販売方法は、不動産流通機構へ物件の登録を行い、すべての不動産業者へ情報提供を行います。

公平性の観点から、当社が情報を独占するような事がないよう、買客の斡旋依頼はすべての仲介業者におこないます。

 

一般エンドユーザーに対する情報発信としては、不動産情報サイト(アットホーム等)に物件掲載を行います。

物件が空家の場合、近隣者への直接売込みや、ポスティング投函、折り込みチラシ広告等も行います。

 

3.販売期間中

販売開始後、物件によっては、なかなか前向きな検討客が募れない場合もあります。

この場合、定期的に販売活動の状況を先生に報告させていただきます。

 

※任意売却の場合、担保権者に販売状況の報告と合わせて、価格の見直し(減額)を提案していきます。

販売価格のハードルが下がれば、その分、売却に繋がるチャンスが間違いなく増します。

 

万一、まったく売却の目途が長期間たたなく、裁判所の判断で、やむを得ず財団放棄となってしまう場合、これまでの販売結果や、売却困難な詳細理由をまとめた報告書を提出させていただきます。

 

4.購入希望者決定~配分作成

購入希望者が募れましたら、売却価格の配分表作成をお手伝いします。

 

※任意売却の場合、後順位の担保権者に対する抹消料(ハンコ代)や、差押権者への解除料については、数多くの経験をもとにした適正金額を提案しますが、破産財団(相続財産)へは、1%でも多くの組み入れを目指します。

 

5.売買契約~決済(引渡し)

停止条件(裁判所の売却許可が得られる事)付にて、売買契約をおこないます。

先生の方針で、売買契約締結前に、裁判所へ売却許可申請される場合は、許可がおりた後に契約締結します。

 

すぐに引き渡し可能な物件の場合、関係者皆様のご都合が整い次第、最終決済を行います。

所有者が、まだ居住中の場合、契約日から1~2カ月以内に引越を済ませていただき、引越完了後に決済を行います。

 

 

最終の決済を早期かつ円満に迎えられるよう、また、居住中の物件の場合、ご家族の心情にも配慮した上で、先生方に「なら管財エステートに依頼して良かった」と思っていただけるよう誠心誠意お手伝いさせていただきます。

 

頂戴させていただく報酬は、宅建業法で定められた仲介手数料を決済時にいただきますが、当然に成功報酬ですので、当社の力不足で成約に至らなかった場合や、財団放棄となってしまった場合、一切の費用は頂戴しておりません。

 

 

 

 

 


Copyright© 2015 なら管財エステート株式会社 All Rights Reserved.